一般歯科|少しでも多くの歯を残すための当院の取り組みをご紹介いたします。

診療について

  • 一般歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 症例集
  • 料金表
ご予約・お問い合わせ
求人情報
ブログ
KI歯科・矯正歯科 平井
住所   〒132-0035
東京都江戸川区平井4丁目5-5
スズオビル1F

診療時間:平日 09:30〜13:30 / 15:00〜19:00 土曜 09:30〜13:30 / 14:30〜17:30 日・祝休診03-3636-8687

ご予約・お問い合わせ

アクセスマップ

地図

一般歯科

一般歯科とは

当院では将来的な健康維持のために、80歳の時点で20本以上の歯を
残すことを目標とした「8020運動」を薦めております。

歯を失う原因は、虫歯だけではありません。
歯周病をはじめとする口内疾患などでも失う可能性は十分にあります。
そしてなにより、失った歯は元通りにはできません。

そこで、少しでも多くの歯を残すための当院の取り組みをご紹介いたします。

歯周病について

現在、日本人の成人の80%が歯周病と言われております。

歯周病とは、歯茎・歯を支える骨などの組織が、歯周病菌に感染し炎症をおこす感染症のことで、歯肉の炎症による出血・腫れが起きる歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎に大別されます。

一般的によく言われている歯槽膿漏は成人性歯周炎のことで、
歯周病はその症状・病態によって複数の種類があります。

歯周病は、歯の表面につくプラークが原因で起こる病気です。
長く放置をすると、口臭や歯茎の腫れ・心内膜炎・肺炎、
妊婦の方では早産や低体重児が生まれてしまったり、動脈硬化や糖尿病を引き起こしたりと、
歯周病の影響は全身へと大きく広がってしまう危険性があります。

また歯周病の危険因子には肥満と喫煙があり、
歯周病になるリスクが肥満では3〜8倍、喫煙では2〜4倍になると言われています。

「家族に歯周病で歯を抜いた人がいる方」
「最近おなかが出てきた方やたばこを吸う方」
「ここ数年、歯科医院で歯のクリーニングをしていなく、歯磨きが十分でない方」
「歯磨きをすると歯茎から血が出る方」
「歯がグラグラする方」
「口臭がひどい方」
「歯茎が腫れている方」
「糖尿病の方」

上記に該当する方は歯周病の危険度が高いため、歯科医師の診察を受けた方が良いと考えます。
不安な方も一度、相談も兼ね検診に行く事をお勧めいたします。

歯周病予防

歯周病は、虫歯以外の理由で歯を失う場合にもっとも多い疾患です。成人の8割近くが歯周病、もしくは歯周病になりかけています。

歯周病というと、歯茎が腫れて出血する程度の症状、というようなイメージを持たれている方も多いと思います。
しかし、重症化すると様々な問題を引き起こす、恐ろしい疾患なのです。

歯周病が進行すると最終的に歯が抜けてしまいます

歯周病を予防するためには、日頃からしっかりとしたケアを行い、
歯垢や歯石を歯周ポケットに残さないことが重要です。
歯科医院での治療だけ、ご自分のブラッシングだけでは、完全なケアは難しいものです。

毎食後、ご自分でのブラッシングを充分に行い、そして定期的に歯科医院にて治療・予防を行う事でより万全な歯周病対策ができます。

定期健診

ご自分でどれだけ念入りに歯を磨いたり、ケアをしっかりと行っていても、
どうしても見えない部分への正確な対処は困難です。

いつも徹底して手入れしているはずが、何故か虫歯ができ始めて…
といった方も多くいらっしゃいます。

当院では定期的な歯のクリーニングをすすめております。

当院では予防歯科を推進しており、定期的な歯のクリーニングをお勧めしております。
ご希望の方は歯のクリーニング、メインテナンス希望とお伝えください。

ごく初期の虫歯は、まだ再石灰化などで元通りにすることが可能です。定期的に診断を受けることで、虫歯を早期に発見し、削らずに済むサイクルを作りましょう。

 

一般歯科の症例

むし歯

治療前

治療中

治療後
治療前

治療中

治療後

歯周病

治療前
 
治療後

 
治療前
 
治療後

 
治療前

治療中

治療後
治療前

治療後

 

右は実際に使用したセラミック剤です。